トップページ » ヒートショックって、怖い。

ヒートショックって、怖い。

今日は、お休みと言うことでのんびりテレビを見ていると、「ヒートショック」というのをやっていました。

特に冬場に起きやすく、急激な温度差が体調を変化させるというものです。
高齢者がトイレやお風呂で倒れるなども、ヒートショックによるものが少なくないようです。

普段から血圧が高い、ストレスが強い人などは、気温の急激な変化で血液の流れが変わり、心筋梗塞、脳卒中などの症状を招きます。

例えばお風呂などに入る一連の流れでも、
部屋(血圧→)→風呂場(血圧↑)→入浴(血圧↓)→風呂場(血圧↑)
といったように、何度も室温の違いで、短期間に血圧が上下すると心臓や血管にすごい負担がかかります。
その時に持病などをもっている場合は、気絶や場合によっては、死んでしまう場合もあります。

具体的に気をつけることとして、移動する場所間の温度差を6℃以上にしない(3℃〜5℃以内にする)事です。

その為には、
・外出時には防寒をしっかりする。
・トイレに暖房機器を置く。
・風呂場や脱衣所を前もって暖房機器やシャワーで暖めておく。

などですね。

皆さんもじゅうぶん気をつけましょうね。

トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星