トップページ » ガイアシンフォニー地球交響曲

ガイアシンフォニー地球交響曲

お休みを利用して、ガイアシンフォニーを見てきました。

先日の心理学でも薦めていて、ちょうどその時に周りでもその話が出ていて。
これもシンクロニシティ(共時性)ですね。


ガイアシンフォニー(地球交響曲)は今まで第六番まで上映しています。

上映場所は東京都写真美術館ホールです。

毎回出演者が変わるのですが、出演する人は人生の成功者というか、人生を素敵に生きている人達が出てきます。
その人達をインタビューを交えてドキュメント風に撮っています。

今回僕が見たのは、地球交響曲第二番

出演者は、ジャック・マイヨールダライ・ラマ14世佐藤初女フランク・ドレイクでした。

みんな聞いた名前の人が多いのですが、僕が一番興味があったのが、佐藤初女さんとダライ・ラマ14世。

佐藤初女さんは著書を読んだ事があります。
ある時、師匠にマクロビオテックってどうなんですか?と質問した事があります。
その前に、これを読めと薦められたのが、この佐藤初女さんの本でした。
食べ物に関しての考え方、そして人としての生き方まで学べます。

ダライ・ラマに関しては多くの方が知っていると思います。
やっぱり仏教徒?!としては、外せないように思えます。

今回は、たまたま第二番を見ましたが、第一番から第六番まですべてを見てみたい気がします。

人としての生き方や考え方を今一度考えさせてくれると思います。

今時代は変わろうとしていると思います。
今までの物質社会から心の在り方が問われる時代になろうとしています。

今日実際、見に行ってみて、多くの方が来ていました。

なんだか時代は変わって来ている気がします。

最後に監修をしていたのが稲盛和夫さんだったのも、驚きました。
ご存知、京セラの創業者です。

社会のトップの人達がこういうのを作ることに力を貸しているのも今後の未来も明るいかも。

僕自身の感想では上手く伝わらないと思いますが、是非みんなに見てもらいたい映画ですね。

是非、だまされたと思って見てみてください(笑)

トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星